shigoto1818’s blog

アレルギー(卵、乳、小麦)&アトピーっ子をもつワーママの体験談

卵黄の負荷試験

血液検査でIgE値3000超の娘。

普通の子の20倍らしいです!

卵黄はクラス4、卵白はクラス6!!

これがIQだったらと思うほど、高い値です。

血液検査の結果だけで、今まで卵を完全除去していました。

 

そんな娘も1歳半になり、かかりつけの小児科医から、負荷試験を薦められました。

病院にもよりますが、最近は1歳半から負荷試験をすることが多いようです。

 

そして、大体の小児科医では、クラス3位までしか負荷試験をしてくれません。

娘も、地域の中核病院を紹介され、負荷試験をしました。

しかも、卵黄と卵白は完全に分けられず、卵白はクラス6なので、95%ダメだろうとのことで入院です。

 

我が家の試験のスケジュールはこんな感じ。

  1. 8:30 入院手続
  2. 9:00 医師のいる会議室で事前説明と問診
  3. 9:30 卵黄一個分のケーキの1/10を食べる
  4. 10:00 ケーキ3/10を食べる
  5. 10:30 ケーキ6/10を食べる
  6. 11:30 診察と今後の説明後、各病室へ
  7. 12:30 昼ご飯
  8. 13:30 最終の診察と翌月の予約後、退院

 

ケーキ(病院によってはゆで卵、卵焼きもあるようです。)は各自作って、10等分して持参します。

 

もちろん、過程でアレルギー症状が現れれば、試験を中止して、投薬等行います。

 

娘の時は、3人で試験をしましたがみんな最後まで症状が現れませんでした!